FC2ブログ

間男のパラドクス――傾向音「寝取られ妻との性生活」

傾向音「寝取られ妻との性生活」(Dliste.com)



寝取られジャンルの本質(の一部)は「マゾヒズム」にあるといってよい。
主人公が大切な人を間男に性的能力によって奪われてしまう、という「寝取られ」の物語構造は、視点を変えれば、大切な人によって主人公の性的能力が低く見積もられ、馬鹿にされているということに等しい。
すなわち寝取られは、寝取られるヒロインをS、主人公をMとしたSMとみなすことができるわけである。
この被虐性が寝取られの本質の重要な一部である。



だがもしもこれが正しいならば、マゾヒズムジャンルとしての寝取られにとっては、間男の存在は副次的なものに過ぎない。
浮気する女=S、主人公=Mの二者関係こそが中心であり、間男は責めのための装置ということになる。
間男は寝取られの構造が成立するための不可欠な支点でありながら、それ自体としては重要ではない――いわば「空虚な中心」というわけだ。
サークル「傾向音」のCG集『寝取られ妻との性生活』は、この逆説をまともに作品化した結果、「奇作」と言いたくなるような構造を持つことになった。
なにしろ、寝取る間男がまったく登場しないのだ!



主人公は念願かなって手に入れたマイホームで、妻の菜緒とともに新生活を始めたばかりのサラリーマン。
だが少し前から菜緒の様子がおかしい。急にセックスに積極的になったのだ――。本作はこんな風に始まる。



もちろん寝取られジャンルの「お約束」として、菜緒は間男「須藤」にセックスの快感によって寝取られている。
だが本作の画期的な点は、本編が始まったときにはすでに菜緒は完全に調教されきっているため、間男によって菜緒が寝取られる肝心の過程がまるごと省略されている、という点にある。
いや須藤と菜緒のセックスどころか、須藤自体がこの物語にはまったく登場しない。
これは異常事態である。普通寝取られ作品は、「調教もの」のサブジャンルとして、寝取られるヒロインが「堕ち」るまでの過程を重視して描き、「堕ち切る」瞬間をクライマックス(最大の「抜きどころ」)とする。
だが本作では、そうした寝取られ作品の中心となるべき描写が丸ごと欠落しているのである。



むしろ本作は、主人公と妻の菜緒の間のプレイを中心に描いている。ただし、「本番」は序盤だけ。
中盤以降、主人公の射精は妻によって徹底的に管理され、手淫や言葉責めによってのみ達することが許される。菜緒への挿入は須藤だけが可能な特別な行為だからだ。



後にわかるのは、菜緒が主人公をいわば「財布」として活用するため、彼をMとして開発していたという事実である。
主人公を被虐の快感で縛ることで、自らに従う奴隷とする。
主人公が購入したマイホームや、毎月の収入などを彼女が搾取し、須藤に貢ぐことで、須藤の正妻に近い位置を得ようというのだ。
つまり本作は、菜緒によって主人公が調教されていくSM作品なのである。
であってみれば須藤の不在はそれほど不自然ではない。重要なのはサディストの妻とマゾヒストの主人公の間の二者関係であり、須藤の存在は舞台設定の一部にすぎないからだ。
(主人公の奴隷化計画が菜緒の主体的な発案によるものであるという点は指摘しておくに値する。
つまり主人公は須藤でなく、妻に陥れられたのだ。本作で描かれるのはあくまで二者の搾取関係である)



そして既に述べたように、それは寝取られの、マゾジャンルとしての本質からの帰結でもある。
寝取られ的な見せ場の不在によって、逆に寝取られの本質が不純物なく露わになっているといえよう。
サークル「傾向音」は寝取られというよりはSMジャンルで活動してきた作り手であり、だからこそジャンル内部で見過ごされがちな側面を引き出して見せることができたのだろう。



ちなみに須藤の不在は、寝取られの本質を露わにするのみならず、もっと直接的な物語的効果も生んでいる。
須藤と菜緒のセックスは明示的に描かれない。からこそ、読者は菜緒や朋の自分に対する罵倒からそれを想像するしかない。
結果、直接描いた場合以上に、性的怪物須藤に、菜緒が虜にされてしまったという印象が膨らんでいく。
比較して自らの不能性に対する絶望、須藤に対する嫉妬は高まり、SM作品・寝取られ作品としてのテンションは却って増していくこととなるわけである。



間男を空虚な中心として設定した本作は、一見寝取られの邪道を行くように見えて、
実は寝取られジャンルのある側面を見事に切り出し、エクストリームに突き詰めて見せた、王道を行く傑作である。
同じ2016年に出版され、逆に「サディズムとしての寝取られ」を暴露して見せたkiasa『ひなたネトリズム』と合わせて読むことで、「寝取られ」ジャンルを両極端から眺めることができるだろう。

<関連記事>
なぜわざわざ寝取られなんて読むのか?
寝取られの魅力を「主観的ギャップ」と「マゾヒズム」として説明した記事。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:yawa.ero
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる